コラム
国際・語学・観光関連

おもてなし業界で働くための最新情報─仕事の学校ナビ

“ホスピタリティ”の精神を学び実践

観光を多角的な視点でアプローチ

観光学とは、文字通り、観光に関わることをあらゆる角度から研究する、比較的新しい学問のことです。特にビジネスの側面が強く、具体的には、文化、言語、情報、心理、経済、経営などの視点からアプローチしていきます。「多くの人に訪れてもらうにはどうしたらいいか?」「効果的なPR方法は?」などといった諸問題の解決にあたります。また、昨今、地域振興やまちおこしの要素としても注目が集まっています。
 なお、観光の仕事を目指すうえで有利な資格としては、総合・国内旅行業務取扱管理者などがあります。
コンテンツ1

おもてなしの心を育てる

ホスピタリティとは、特にサービス業で使われる言葉であり、「おもてなし」や「思いやり」という言葉があります。サービス業務の頂点ともいえるホテルは、フロント、宴会場、客室といったさまざまな場面で最高のおもてなしを提供しています。また、空の上でサービスをする客室乗務員は、飲食のサービスはもちろん、乗客の体調管理も含めて快適な空の旅を提供します。
近年、日本へやってくる外国人旅行者からは、接客業会における日本独自のおもてなし精神が高い評価を得ています。
コンテンツ2
(記事作成:2015年10月)