公務員になろう

公務員の種類

公務員には国家公務員と地方公務員があり、それぞれ特別職と一般職に分けられます。

国家公務員の特別職は内閣総理大臣や国会職員、裁判官およびその他の市裁判所職員、国会議員の秘書などです。地方公務員の特別職は都道府県知事や市区町村長、地方自治体の議員などになります。いずれも終身職ではなく、臨時的・非常勤的な性格が強いものなどが対象となります。

これら特別職以外が公務員試験により採用される一般職で、国家公務員・地方公務員の大部分を占めています。

公務員の種類について

国家公務員/地方公務員をめざせる学校はこちら